ホーム > 当院の検査診断実績

当院の検査診断実績

当院のCT検査で発見された病気

20代男性 発熱・咳の症状
20代男性 発熱・咳の症状

昨日から発熱、咳があり、市販薬では効果がないとのことで当院へ来院されました。聴診上は問題ありませんでしたが、院内の迅速検査によって白血球が6000、炎症の恐れがあるCRPが0.3以下が通常であるなかで10と非常に高い数値を示していました。
左の胸部レントゲンでは一見正常であるのですが、CT検査では右下方の心臓に隠れる部位に肺炎像を確認しました。
これをマイコプラズマ肺炎と診断し、適切な抗生剤を選択することができました。

80代男性 もの忘れの症状
80代男性 もの忘れの症状

最近物忘れが多く、家族に心配をされて来院されました。大きな病変の可能性はなかったため、CT検査を行うことになりました。年齢相応の委縮はありますが、記憶に関連する海馬の委縮は軽度でした。当院では、まずは薬物治療は行わず、経過観察をすることになりました。

70代男性 腹痛
70代男性 腹痛

全身に倦怠感、腹痛を感じ当院に来院されました。腹部CTで検査を行ったところ、大腸(S状結腸)に壁が厚い部分があり、炎症を疑い、高次医療機関へ紹介しました。結果は大腸がんでしたが早期発見に至ることができたため、治療にかかり現在は状態も良好です。

内臓脂肪計測
内臓脂肪計測

写真は173cm、70kgの男性の腹部CTの画像です。青い部分は皮下脂肪赤い部分は内臓脂肪を示しています。
一見すると皮下脂肪は少ないように見えますが、内臓脂肪はどうでしょうか。153.3㎠と計測されました。
内臓脂肪は糖尿病・脂質異常症(高コレステロール血症)などメタボリックシンドローム、動脈硬化などに悪影響を与えられると考えられています。実際にこの男性は高血圧で降圧剤を服用しています。
内臓脂肪を減らすことによりこれらの疾患が改善すると言われており、このことからメタボリック症候群の方には現状の評価、治療の指標として用いられています。

アクセス


大きな地図で見る
■住所:〒359-1141
埼玉県所沢市小手指町4−17−3
■診療時間:
9:00~12:00/15:30~18:30
※水曜午後は、訪問診療・検査(予約制)となります。
■休診日:
木曜・土曜午後・日曜・祝日
駐車場が4台ございます。

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2017/10/02

今年度のインフルエンザワクチンは入手困難な状況が見込まれます。
そのため当院ではインフルエンザワクチンの接種を予約者優先で接種させていただきます。どうぞご理解をよろしくお願いいたします。