ホーム > エコー検査で発見できる病気

エコー検査で発見できる病気

エコー検査とは・・・?

エコー検査とは・・・?

エコー検査は、人体に無害である超音波を使い体内を調べる検査です。
魚群探知機のように周波数の高い音を体内に向け発信し、その反射の程度を映像化する検査です。

検査による痛みやその他の苦痛は全くありませんまた放射線のように被曝がなく何度でも繰り返し検査が可能です。
また、超音波検査はリアルタイムに体内の様子を観察できます。
血管内の血液の流れや動脈硬化の程度、また、腫瘍内の血管の発達の程度なども評価できます。

エコー検査だからこそ発見できる主な病気

エコー検査は肝臓、胆嚢(たんのう)、膵臓(すいぞう)、腎臓などの腹部臓器を調べることができます。
例えば、生活習慣病の脂肪肝や、胆石、腎結石などの有無を簡便に調べられます。
 
バセドウ病、橋本病など甲状腺に関わる病気も超音波検査が有用です。
病気の有無だけでなく、治療過程でも繰り返し検査ができるので、効果判定に役立ちます。

血管の病気も超音波検査にとって得意分野です。
そのなかでも頸動脈(首もとの辺り)の壁の厚さを測り、動脈硬化の程度を調べる検査は治療方針を決める上でも非常に重要な検査です。
また、腹部大動脈瘤の有無も超音波検査ですぐに確認できます。
このような血管の病気は症状が殆ど無いことが多く、健診などの機会にチェックしておくことが大事です。
高齢男性に多い前立腺の病気の評価も超音波検査ですぐに調べられます。排尿の前後で残尿量を計測することも可能で、その後の治療に役立ちます。

頸部領域
頸部領域

●甲状腺
女性に多い橋本病やバセドウ病の診断に有用です。倦怠感、イライラする、手足のむくみ、汗をかく、体重減少、喉の腫れ、違和感などが主な症状です。

頸動脈
頸動脈、首もとの血管壁の厚さを調べることで、全身の動脈硬化の進展の程度を推測することができます。動脈硬化を放っておくと脳梗塞や心筋梗塞などの恐ろしい病気を引き起こす可能性があります。当院では高血圧、脂質異常症、糖尿病など生活習慣病がある方は定期的な検査をお勧めしています。状態が気になる方はお気軽にご相談下さい。

乳腺領域
乳腺領域

乳がん、その他の乳腺疾患全般の診断が可能です
乳癌検診に関しては特に、40歳以下の乳腺密度の高い患者さんにはマンモグラフィよりもエコーのほうが病気の検出に優れています。当院では女性の臨床検査技師による痛くない乳癌検診を受けることができます。患者様には無痛・かつ安心して診察を受けていただけますので、お気軽にご来院下さい。

腹部領域
腹部領域

月経困難症 子宮内膜症、子宮筋腫など
生理痛が酷い、子宮が痛いなど女性特有のお悩みを抱えている方
婦人科領域に関連する疾患の検索が可能です。また、卵巣腫瘍の有無も診断可能です。

脂肪肝
特に症状はありません。健診で肝機能障害を指摘された、糖尿病がある、などの場合に検査の適応となります。脂肪肝は放っておくと動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす恐れのある侮れない病気です。

胆石・胆嚢ポリープ
胆石は食後に右側の腹痛を来たすことがあります。症状がないことも多く、健診で偶然に発見される方も少なくありません。慢性胆嚢炎の合併、サイズが増大するポリープは悪性へ進行する可能性があります。

膵疾患
膵癌は背中の痛みが有名です。超音波では膵臓周囲の炎症やしこりの有無が判別可能です。

尿管結石
激しい背中の痛みが主な症状です。一旦治まり、再度痛み出す、間欠的な症状も特徴です。血尿が出ることもあります。

前立腺肥大
頻尿、排尿困難が主な症状です。超音波検査で前立腺のサイズ、残尿の程度が調べられます。


腹部エコー検査では以上の病気はもちろんのこと、肝臓、胆嚢(たんのう)、膵臓(すいぞう)、腎臓などの臓器検査に優れております。
身体に負担をかけることなく簡単に行える検査ですので、少しでも異常を感じた方はお気軽にご相談下さい。

エコー検査を受ける際について

エコー検査で腹部領域の検査を行う際は禁食が必要なことがあります。
また、乳腺超音波は女性技師が担当致しますので、事前に予約が必要です。
詳しくは下記電話番号まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

アクセス


大きな地図で見る
■住所:〒359-1141
埼玉県所沢市小手指町4−17−3
■診療時間:
9:00~12:00/15:30~18:30
※水曜午後は、訪問診療・検査(予約制)となります。
■休診日:
木曜・土曜午後・日曜・祝日
駐車場が4台ございます。

お問い合わせ 詳しくはこちら